大恐竜展inなんば ~よみがえる地球の絶対王者~

大恐竜展inなんば 恐竜のイラスト
恐竜の足跡

なんばに巨大恐竜襲来!

1おく 年以上という長い時代、 地球ちきゅう絶対王者ぜったいおうじゃであった 恐竜きょうりゅう
唯一ゆいいつ の手がかりである 「化石かせき」の 発掘はっくつ調査ちょうさによって、
その なぞちた 姿すがたが少しずつ明らかになってきました。
本展では、 最新さいしん学術研究がくじゅつけんきゅうまえて 復元ふくげんした 巨大きょだいロボットや 全身骨格ぜんしんこっかくなど
約80点を 展示てんじし、 誕生たんじょうから 絶滅ぜつめつまでの恐竜の 進化しんか歴史れきし紹介しょうかいします。

恐竜イラスト

みどころ

アメリカで実際に発掘された「ワンケル」と呼ばれるティラノサウルスの全身骨格をもとに復元された、全長12mの実物大ロボットです。アメリカの古生物学者ジャック・ホーナー博士が監修し、まるで生きているかのように動きます。足元のトリケラトプスを食べる姿が再現されており、その死骸からは腰の骨の部分まで見ることができます。
恐竜が実際に生きていた時にはどのような姿をしていたのか、果たしてどのように動いたのか、肉付きや皮膚の質感、色合いはどうだったのかーーー。化石をもとに、これらの謎に対する様々な研究が重ねられ、その成果をもとに誰も見たことがない「恐竜の生きた姿」が現在によみがえりました。「命が吹き込まれた恐竜の姿」をたっぷりとご覧ください。

地球の歴史において最も巨大な陸上動物は「竜脚類(りゅうきゃくるい)」と呼ばれるグループの恐竜です。長い首に小さな頭、大きな胴体と長い尾を持つ「竜脚類」は、最も巨大化に成功した恐竜と言えます。ジュラ紀に入ると多様化と巨大化が進みますが、平均的な大きさの竜脚類でその重さは10~30t、巨大なものになると40~50tにもなり、80tに及ぶ超巨大竜脚類も存在しました。本展では、北アメリカの中西部から発見されたディプロドクスを紹介、最大全長が27mに達する巨大恐竜です。

肉食恐竜の中で最大級の大きさを誇るのがティラノサウルスです。全長は13mにもおよび、太く鋭くとがった大きな歯と頑丈なあご、大きな頭は他の恐竜と比べて非常に大きな特徴と言えます。また、その大きな後肢に比べて前肢は非常に小さく、指も2本しかありません。本展では、全長12mを超えるティラノサウルス全身復元骨格とともに、亜成体と考えられる若いティラノサウルス(愛称:ジェーン)の全身復元骨格もあわせて紹介します。

全身に羽毛を持つ大型のティラノサウルスの仲間として注目を集めたユティランヌス(全長9m)や、最古の恐竜のひとつとされるヘルレラサウルスの生体復元模型を展示します。
また、会場内では、本物の恐竜化石に触れるコーナーやアンモナイト化石の発掘体験も実施。なんと大型植物食恐竜のものとされる約50cmの巨大ウンチ化石にも触ることができます。

開催概要

展覧会名
大恐竜展 in なんば ~よみがえる地球の絶対王者~
会  期
2019年4月20日(土)~5月19日(日)※会期中無休
開館時間
11:00~18:00

※土日祝休日は10:00開館 ※入館は閉館の30分前まで

会  場
なんばスカイオ7F コンベンションホール
(大阪市中央区難波五丁目1番60号)

※南海「なんば」、大阪メトロ「なんば」、
近鉄・阪神「大阪難波」各駅すぐ

なんば駅すぐ
料  金
一般 1200円(1000円)
子ども(3歳~中学生) 600円(400円)

※カッコ内は前売り料金。前売り券は3月23日から4月19日まで販売。
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)。

主  催
後  援
(一社)大阪市私立保育連盟、大阪府公衆浴場業生活衛生同業組合
協  賛
丸一鋼管
特別協力
大阪市立自然史博物館
協  力
天草市立御所浦白亜紀資料館、天王寺動物園、
和歌山県立自然博物館
問い合わせ
大恐竜展運営事務局 06-6539-7878
平日 10:00〜18:00 (会期中は土日祝休日も可)
最新情報は@namba_kyouryuをご覧ください!
外国語のチラシは英語版と韓国語版を用意しています!

英語版
English

韓国語版
Korean

チケット

料金:一般1200円(1000円) 子ども(3歳~中学生)600円(400円) ※カッコ内は前売り料金。前売り券は3月23日から4月19日まで販売。 障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)。

イベント情報

大恐竜展inなんば × シャープ プレゼントキャンペーン

「大恐竜展inなんば」のチケットをご購入の上、シャープ公式会員サイト「COCORO MEMBERS」の会員証をご提示いただくと、先着1,000名様に「大恐竜展」オリジナルミニノートをプレゼント!
> 詳しくはこちら

大恐竜展inなんば を楽しんだ後は、なんばでお得にショッピング!!

「大恐竜展inなんば」の開催中、なんばスカイオ、なんばパークス、なんばCITYの一部の店舗で同展の入館チケットの半券をご提示いただくと、プレゼントや割引など、お得なサービスを受けることができます!展覧会を見た後は、食事やショッピングを楽しもう!!
> 詳しくはこちら

ギャラリートーク

  • 地球の絶対王者であった恐竜がどのように誕生、繁栄し、そして絶滅したのか――。
    本展の特別協力である大阪市立自然史博物館の研究者が、会場を回って標本を紹介しながら、詳しく解説します。

  • 開催日
  • 時間
  • 研究者
  • 4月20日(土)
  • 10:30
  • 12:00
  • 川端清司・館長
  • 4月28日(日)
  • 10:30
  • 12:00
  • 川端清司・館長
  • 5月1日(水・祝)
  • 10:30
  • 12:00
  • 田中嘉寛・学芸員
  • 5月3日(金・祝)
  • 10:30
  • 12:00
  • 田中嘉寛・学芸員

※各回約30分間。

※参加無料。ただし、「大恐竜展inなんば」のチケットが必要です。

※事前申し込み不要。参加ご希望の方は、開始5分前までに会場入り口にお集まりください。

※会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。

化石レプリカ作り体験(協力:天草市立御所浦白亜紀資料館)

「海にうかぶ博物館」と言われる天草ジオパークでは、恐竜をはじめ、多数の化石が発見されています。天草市立御所浦白亜紀資料館の廣瀬浩司学芸員から発掘や化石の話を聞いた後、実際に天草で発見された貝の実物化石を使って、オリジナル化石レプリカを作ります。レプリカは記念に持ち帰ることができます。

  • 開催日
  • 時間
  • 4月20日(土)
  • 13:00
  • 15:00
  • 4月21日(日)
  • 10:00
  • 13:00

※各回20人。実施時間は約1時間の予定。

※参加無料。ただし、「大恐竜展inなんば」のチケットと、
 開催当日、開始1時間前から会場入り口付近で配布する参加整理券が必要です。

※実施場所はなんばスカイオ8階の会議室です。

「親子で恐竜模型をつくろう!」

全国の科学・自然史系博物館の展示模型や、食品玩具の模型原型などを制作している恐竜造形作家の荒木一成さんに教えてもらいながら、粘土を使ってティラノサウルスの模型を親子で作るイベントです。

※事前申し込みが必要な有料イベントです。

  • 開催日
  • 時間
  • 4月29日
    (月・祝)
  • 10:15~
    13:15
  • 14:30~
    17:30

【対象】小学1年生~小学6年生とその保護者
【定員】①②各回12組(子ども1人に対して保護者は2人まで)。
【参加料】1,000円(税込)。参加には「大恐竜展inなんば」のチケットが必要です。
【場所】なんばスカイオ8階の会議室
【申込】メールのみの申し込み受付となります。件名に「恐竜模型教室申込」、本文に「参加希望の時間(①か②)※どちらか必ず記載ください」、「子どもの名前」、「性別」、「学年」、「保護者の人数」、「保護者の名前(お一人)」、「保護者の電話番号」、「住所(都道府県市区町村名まで)」を記入して、「o-spopro3@yomiuri.com」へ4月22日(月)12:00までにメールを送信してください。申込多数の場合は抽選となります。4月24日(水)12:00までに、参加対象者にはメールにて参加要項をお送りします。

※抽選が行われ、落選された方へのメール送信は行いません。4月24日(水)12:00までに参加要項が届かない場合は、落選になりますのでご了承ください。

※参加者には絵の具など持参していただくものがあります。

※参加料は当日会場で徴収します。

※お送りいただいた個人情報は本模型教室の連絡のみに使用させていただきます。

福井県立大学恐竜学研究所・柴田正輝准教授によるスペシャルギャラリートーク

恐竜王国・福井では、フクイサウルスやフクイラプトル、フクイティタン、フクイベナートルなど、多数の恐竜化石が見つかっています。中国やタイでの発掘経験も豊富な柴田准教授が、今回の展示の見どころを紹介します。

  • 開催日
  • 時間
  • 4月27日(土)
  • 10:30
  • 12:00

※各回約30分間。

※参加無料。ただし、「大恐竜展inなんば」のチケットが必要です。

※事前申し込み不要。参加ご希望の方は、開始5分前までに会場入り口にお集まりください。

※会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。

「恐竜博士×動物園の獣医トークバトル」

  • 天王寺動物園の佐野祐介獣医師(写真右)と、岡山理科大学の林昭次講師(写真左)が、恐竜と爬虫類の生態や進化の違い、現在進めているアンキロサウルス類の共同研究など、約10のテーマで、時々脱線しながら愉快なトークバトルを展開します。恐竜好きや動物好きの子ども必見!!

  • 開催日
  • 時間
  • 4月30日(火・休)
  • 14:00〜15:00

※定員60人。

※参加無料。ただし、参加には「大恐竜展inなんば」のチケットと参加整理券が必要。

※参加整理券は13:00から大恐竜展会場(なんばスカイオ7階)で配布。先着順。

ギャラリートーク「恐竜最新研究論」

  • 骨の内部組織から脊椎動物の進化と生態を研究する岡山理科大学(生物地球学部)の林昭次講師が、最新学説や、ステゴサウルスなど自身の研究テーマと合わせて本展の展示標本を紹介します。

  • 開催日
  • 時間
  • 4月30日(火・休)
  • 16:00

※約30分間。

※参加無料。ただし、「大恐竜展 in なんば」のチケットが必要。

※事前申し込み不要。参加ご希望の方は、開始5分前までに会場入り口にお集まりください。

※会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。

ギャラリートーク「恐竜と現生動物の違い
-現代のトカゲが巨大化したら恐竜になるのか-」

  • 天王寺動物園・佐野祐介獣医師が、ワニやオオトカゲなど現生動物の爬虫類と、約6600万年前に絶滅した恐竜との違いなどを解説します。

  • 開催日
  • 時間
  • 5月2日(木・休)
  • 10:30
  • 13:30

※各回約30分間。

※参加無料。ただし、「大恐竜展 in なんば」のチケットが必要。

※事前申し込み不要。参加ご希望の方は、開始5分前までに会場入り口にお集まりください。

※会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。

恐竜のキャンドル作り

ジェル状の蝋(ろう)とガラス細工を使って、世界でひとつだけのオリジナル「恐竜ジェルキャンドル」を作ります。「ジェルキャンドル」とは、ジェルの質感と爽やかな透明感が特徴で、おしゃれなインテリアグッズとしても注目を集めています。

  • 開催日
  • 会期中の土日祝休日

【場所】「大恐竜展inなんば」会場入り口近くの特設コーナー
【料金】1,100円(税込)から※ガラス細工などは別途料金

※受付は開館から閉館1時間前まで。

※所要時間は約20分(お渡しまで別途約40分かかります)。

※「大恐竜展inなんば」のチケットが必要です。

アクセス

南海「なんば」、大阪メトロ「なんば」、近鉄・阪神「大阪難波」各駅すぐ
  • 南海なんば駅 直結
  • 大阪メトロ 御堂筋線 なんば駅 徒歩約3分、千日前線 なんば駅 徒歩約5分、
  • 四つ橋線 なんば駅 徒歩約6分
    近鉄難波線・阪神なんば線 大阪難波駅 徒歩約6分
  • JR西日本 関西本線 JR難波駅 徒歩約10分
  • 車でお越しの場合は、 阪神高速1号環状線なんばICより 約5分

※周辺の有料駐車場をご利用ください。