その他の恐竜

エドモントサウルスの特徴は?ミイラになったって本当?

引用:映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト

赤ちゃん恐竜
ねえねえ、エドモントサウルスってどんな恐竜なの?

 

頭の模様が特徴的なエドモントサウルス。

恐竜映画で有名な「ウォーキングwithダイナソー」にも出演していたこともあり、見覚えがある方が多いと思います。

 

とはいえ、詳しい生体についてはまだまだ謎が多いため、分からないことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

 

・エドモントサウルスはどんな恐竜?

・エドモントサウルスのミイラがあるって本当?

・エドモントサウルスにはトサカがあった!?

 

以上の3点について、詳しく解説していきます。

 

エドモントサウルスの特徴を詳しく解説!

まずは、エドモントサウルスの特徴について、簡単にご紹介します。

基本情報は次の表の通りです。

名前 エドモントサウルス
生息時代 約7,300万~6,600万年前(中生代白亜紀)
生息地 北アメリカ大陸西部
体長 9~13m
体重 3~4t
食べ物 草食

 

エドモントサウルスは、今からおよそ7000万年前にカナダのエドモントンで発見され、その名が付けられました。

赤ちゃん恐竜
なるほど〜見つかった場所から名前がつけられたんだね!

 

体長はおよそ9mから、大きいものだと13mもの大きさがあったと言われています。

また、体重も3~4tほどある大型恐竜です。

赤ちゃん恐竜
そんなに重かったんだね!じゃあ肉食恐竜なのかな?

 

大きさだけ聞くと、肉食恐竜に感じてしまいますが、実は草食恐竜でした。

そのため、肉食恐竜に襲われることも多く、ティラノサウルスが天敵だったと言われています。

 

とはいえ、決してやられる一方というわけではなく、逃れるために、太いしっぽを振りながら追い払ったり、前足に比べると太く頑丈な後ろ足使って蹴飛ばすなどして戦っていたとされます。

とはいえ、一匹で立ち向かうのは難しいので、エドモントサウルスは集団生活をしていたぞ。
恐竜博士

 

さらに、見た目からも分かる通り、頭も大きく、頭蓋骨だけで1mほどの大きさになったと言われています。

実はカモノハシの仲間?

赤ちゃん恐竜
あれ?よく見ると口元はカモノハシに似ているね!

 

そうなんです、口元をみると、カモノハシにそっくりなのが分かります。

 

それもそのはず、エドモントサウルスはカモノハシ竜類であり、カモノハシのような大きく、平たいくちばしを持っているのが特徴なのです。

つまり、エドモントサウルスとカモノハシは、仲間であると言うことができます。

エドモントサウルスがかわいいカモノハシになっていったと考えると、生物の進化は面白いな。
恐竜博士

 

なお、くちばしは、食料である針葉樹の葉や種などの、植物を摘みとるために使っていたようです。

約7000本!?エドモントサウルスは歯が多い!

赤ちゃん恐竜
エドモントサウルスって歯がいっぱい生えてたって聞いたけど本当なの?!

 

そのなんです、エドモントサウルスの口の中には、ひし形をした縦長の歯が上も下も3~4列に並んで生えており、その数は全部で約7000本とも言われています。

エドモントサウルスデンタルバッテリー

引用:アメリカ ヘルクリークhellcreekのエドモントサウルス恐竜 | 恐竜化石に関するコラム【三葉虫,アンモナイト,サメの歯】

 

草食恐竜のエドモントサウルスは多くの歯で、硬い植物をすり潰すように食べていたと推測されています。

赤ちゃん恐竜
へぇ、そうなんだね~。でもさ、いくら歯が多かったとはいえ、そんなに固い植物をすりつぶしていたら、すぐすり減っちゃうんじゃない?

 

たしかに、硬い植物を食べて尖った歯がすり減ることはあったはずです。

しかし、デンタルバッテリーと言われるエドモントサウルスの歯は、すり減ると次の歯に生え変わるようになっていたので、歯がなくなる心配はありませんでした。

生涯生え変わる歯の数はおよそ1万本と言われておるぞ。生涯で20本しか生え替わらない人間と比べると、とんでもない数じゃな。
恐竜博士

 

とっても貴重!エドモントサウルスはミイラがある!

赤ちゃん恐竜
エドモントサウルスっていろんな特徴がある恐竜なんだね!そういえばさ、ボクエドモントサウルスにはミイラが残っているって聞いたんだけど…。

 

恐竜というのは、何千万年も前に生息していた生物ですので、通常は皮膚が腐敗し化石として発見されます。

しかし、エドモントサウルスにミイラが残っているのは事実です。

赤ちゃん恐竜
本当に残っているんだ!なんで残ってたの?

 

海底などに沈み、そのまま泥の中に埋まることで外気との接触を避けることができ、皮膚の腐食が防げるため、ミイラになることがあります。

とはいえ、ミイラになるためにはあらゆる条件が必要なため、自然にできることは大変めずらしいとされています。

 

まさに奇跡の大発見じゃな。
恐竜博士

 

赤ちゃん恐竜
本当に奇跡だね!でさ、それってどこかで見れたりするの?

 

奇跡的に見つかったミイラ、当然見たいと思いますよね。

現在、本物のエドモントサウルスのミイラは2体発見されており、アメリカのニューヨークにある「自然史博物館」とドイツの「ゼンケンベルク博物館」で見ることができます。

赤ちゃん恐竜
そうなんだ~!でも、さすがに日本じゃ見られないかぁ。

 

残念ながら、日本ではエドモントサウルスのミイラを見られる場所はありません。

ただし、本物そっくりのレプリカであれば、日本でも見ることができます

 

それは、福井県にある「福井県立恐竜博物館」です。

福井県立恐竜博物館は、日本にある博物館のなかでも、かなり大きな恐竜博物館じゃ。
恐竜博士

 

ここでは、ドイツに展示されているエドモントサウルスのレプリカを見ることができます

ミイラ化したエドモントサウルス

引用:福井県立恐竜博物館 標本データベース

 

かなり精巧に再現されており、ミイラならではの皮膚痕までしっかりと見学することができるので、ぜひ一度見学してみてください。

【ホームページ】

福井県立恐竜博物

【住所】

福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内

【開館時間】

9時~17時

【料金】

小中学生:260円

高大学生:420円

一般:730円

【アクセス】

JR福井駅下車:えちぜん鉄道勝山永平寺線「勝山行き」乗車(約1時間)→勝山駅下車、コミュニティバスにて約15分またはタクシーにて約10分

JR福井駅にてJR越美北線「越前大野」または「九頭竜湖」行きに乗りかえ→越前大野駅下車→タクシーで約20分

 

ミイラが発見されたから分かった新事実!

引用:NATIONAL GEOGRAPHIC

 

実は、ミイラが発見されたことによって、分かったことがあります。

赤ちゃん恐竜
えっなに?

 

それは、エドモントサウルスの頭頂部に全体が軟骨組織で出来ている「トサカ」があったことです。

赤ちゃん恐竜
軟骨組織のトサカ?

 

簡単にいえば、ピンとなっていない、ふにゃっとなったトサカです。

通常であれば、トサカはニワトリのように頭骨ごと突起になるのじゃが、そうなっていないということで、かなり珍しい例として注目されているぞ。
恐竜博士

 

このトサカについてはまだ研究段階ですが、メスへのアピール手段として使われていたのではないかと考えられており、繁殖力や、強さなどを示すものだったという説が有力です。

この発見により、同様にトサカをもつ恐竜が他にもいたのではないかと仮説が立てられているんじゃよ!今後の発見に期待じゃな。
恐竜博士

 

まとめ

今回は、エドモントサウルスについて解説してきました。

まとめると、

 

・エドモントサウルスは大型のカモノハシ竜である。

くちばしを持ち、口の中は歯がたくさん並んでいる。

・珍しいイラの標本が発見されており、日本でもレプリカを見ることができる。

・ミイラから、トサカらしきものが発見された

 

になります。

 

ミイラが発見されたことにより、ますます研究が進んでいるエドモントサウルス。

今後の研究に期待しましょう。

 

-その他の恐竜

Copyright© 恐竜博士と赤ちゃん恐竜と一緒に恐竜を知ろう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.