その他の恐竜

ギガントスピノサウルスはどんな恐竜?大きさや餌、強さなどを解説

引用:pixiv

赤ちゃん恐竜
ねえねえ、ギガントスピノサウルスってどんな恐竜なの?

 

大人気恐竜映画「ジュラシックパーク」にも登場したギガントスピノサウルス。

その名前のカッコよさはもちろん、背中に何本もの角があり、見た目のインパクトから覚えている方も多いのではないかと思います。

 

とはいえ、まだ知名度は低く、知らないことが多いのも事実でしょう。

そこで今回は、

 

◎ギガントスピノサウルスはどんな恐竜?

    ・大きさ

    ・食性と餌

    ・学名の由来

◎ギガントスピノサウルスの強さ

◎ステゴサウルスとの違い

 

について解説していきます。

 

大きさや餌は?ギガントスピノサウルスってどんな恐竜なの?

引用:JWエボリューション

 

まずはギガントスピノサウルスの生態について説明していきます。

 

基本情報は次の通りです。

名前 ギガントスピノサウルス
学名の由来 巨大な棘トカゲ
生息時代 中生代ジュラ紀後期
生息地 中国
体長 4~6m
体重 700kg
体高 1.6m
食性 草食
近縁 ステゴサウルス
赤ちゃん恐竜
へぇ〜中国に生息していたんだね〜。

 

そうなんです、ギガントスピノサウルスは今から1億6120万年~1億5570万年前中国に生息していた中型の草食剣竜です。

剣竜とは背中に2列に直立した骨を持ち、尾には、とげを持つ種類の恐竜のことです。

赤ちゃん恐竜
尻尾にもとげが生えていたの!?すごいんだね。

 

では、ここからさらに、

 

・大きさ

・食性と餌

・学名の由来

 

に分けて、ギガントスピノサウルスの生態を詳しく見ていきましょう。

大きさ

ギガントスピノサウルスは、体長約4~6m体重約700kg体高約1.6mとやや小さめの中型恐竜です。

体高1.6mというと、日本の成人女性くらいの大きさということになります。

赤ちゃん恐竜
え〜恐竜なのに成人女性と同じくらいなんだね・・・。てっきりもっと大きいのかと思ったよ。

 

名前に「ギガント」とつくため、巨大なスピノサウルス以上の大きさがあるのではないかと、勘違いしてしまう人がたくさんいます。

 

似た恐竜と思われがちですが、実際はスピノサウルスの10分の1以下の大きさしかなかったと言われています。

 

ただし、ギガントサウルスはまだ全身化石が見つかっていないため、大きさに関しては推測部分もあります。

今後の研究によっては、大きさがかわかる可能性もあるぞ。
恐竜博士

食性と餌

次に食性について解説していきます。

赤ちゃん恐竜
スピノサウルスが肉食だし、ギガントスピノサウルスも肉食じゃないかな・・・。

 

こちらも名前から考えると、肉食のように感じてしまいますが、実際は草食恐竜でした。

ギガントスピノサウルスに限らず、剣竜の仲間はみんな草食だったと言われておるぞ。
恐竜博士

 

赤ちゃん恐竜
そうなんだね〜。具体的にはどんなものを食べていたの?

 

ギガントスピノサウルスが具体的にどんなものを食べていたのかのヒントは、その歯にあります。

ギガントスピノサウルスの歯は、先のとがった木の葉型でした。

とがった部分同士をかみ合わせることで植物をむしり取ることには長けていましたが、咀嚼したりすり潰すことには向いていませんでした。

 

そのため、柔らかく飲み込みやすいシダ類の葉っぱを食べていたとされています。

引用:Wikipedia

 

体の大きさを考えても、地面から生えているような植物を食べていたと考えて間違いないじゃろうな。
恐竜博士

学名の由来

赤ちゃん恐竜
思うんだけどさ、なんか全然スピノサウルスじゃないよね。なんでギガントスピノサウルスなんて名前になったの?

 

たしかに、大きさから食性までスピノサウルスとは大きく異なる、ギガントスピノサウルス。

どうして、このように名前になったのか気になりますよね。

 

ただ、ギガントスピノサウルスの学名の意味は、「巨大なトゲトカゲ」です。

ギガントスピノサウルスには、両肩から巨大な棘が伸びており、それが由来となっています。

赤ちゃん恐竜
つまり、スピノサウルスとは全然関係ないってこと?

 

その通りで、ギガントスピノサウルスとスピノサウルスは全く関係ありません。

とげが生えていることから、たまたま似たような名前になってしまったのです。

 

ちなみに、ギガントスピノサウルスは同じ剣竜であるステゴサウルスの仲間で、その中でも最も原始的なタイプとされているのです。

ステゴサウルスとの違いについては、記事の後半で詳しく説明するぞ。
恐竜博士

 

ギガントスピノサウルスは強かったの?

引用:gooウィキペディア

赤ちゃん恐竜
ギガントスピノサウルスの特徴はだいたい分かったよ〜。ところでさ、トゲも生えてるし、やっぱり強かったのかな?

 

名前がスピノサウルスとは関係ないことが分かったとはいえ、体中に生えているトゲを見ると、とても強そうに感じますよね。

しかし、結論を言うと、攻撃力に関しては高くはありませんでした。

赤ちゃん恐竜
えっ、そうなんだ・・・。じゃああのトゲは役に立たなかったの?

 

いえ、そんなことはありません。

激しい生存競争の絶えない恐竜時代には、他の肉食恐竜から身を守る必要がありました。

そこで活躍したのが、背中から尾にかけて2列に伸びた骨と、肩から生えた2本の多きなトゲなのです。

 

ギガントスピノサウルスは体も比較的小さかったものの、この優れた防御力で他の肉食恐竜から迂闊に手を出されることを避けていました

赤ちゃん恐竜
なるほど〜、トゲは自分の身を守るために役に立ってたんだね!

 

しかし、やはり攻撃力の弱さからか、ジュラ紀後期に繁栄したギガントスピノサウルスを始めとした剣竜類は、白亜紀前期には絶滅してしまいました。

今の時代もそうかもしれませんが、守るだけでは生き抜くのは難しかったということでしょう。

 

ちなみに、ギガントスピノサウルスの天敵は、同じ時代に中国に生息していたヤンチュアノサウルスであったと言われています。

https://twitter.com/Murikasama/status/1244269590726578176?s=20

 

ヤンチュアノサウルスは、ギガントスピノサウルスの5倍の大きさがあったため、なかなか勝つのは難しかったじゃろうな。
恐竜博士

 

ギガントスピノサウルスとステゴサウルスの違いは?

引用:pixiv

赤ちゃん恐竜
ギガントスピノサウルスについてはだいたい分かってきたよ。ところでさ、さっきステゴサウルの仲間って言ってたけど、違いはどこにあるの?

 

先ほども簡単に説明した通り、ギガントスピノサウルスとステゴサウルスは仲間です。

そして、ギガントスピノサウルスが進化してステゴサウルスになったとも言われています。

そのため、違うところが多々あります。

 

それは次の表を見ればわかります。

<ギガノトサウルスとステゴサウルスの比較>

名前 ギガントスピノサウルス ステゴサウルス
学名の由来 巨大な棘トカゲ 屋根トカゲ
生息時代 中生代ジュラ紀後期 中生代ジュラ紀後期
生息地域 中国 北アメリカ大陸
体長 4~6m 7~9m
体重 700kg 2~4t
体高 1.6m
食性 草食 草食
赤ちゃん恐竜
ステゴサウルの方が全体的に大きいよね。

 

その通りで、身体の大きさについては、ステゴサウルスはギガントスピノサウルスの約2倍ありました。

また、頭が小さく4足歩行であるという特徴は同じであるものの、背中の剣の形はかなり異なっており、ステゴサウルスの剣の部分(骨板)は板のように平たい骨が2列に並んでいました。

ギガントスピノサウルスの剣は護身用とされているが、ステゴサウルスの剣は体温調整が主な役割だったと言われておるぞ。
恐竜博士

 

このように、ギガントスピノサウルスの体の特徴をさらにスケールアップさせたのが、ステゴサウルスなのです。

 

ただし、似てる部分もありました。

それは、咀嚼に適していない歯です。

 

そのため、ステゴサウルスも地面に生えているような植物を食べていたと言われています。

とはいえ、ギガントスピノサウルスがシダ植物を食べていたのに対して、ステゴサウルスは被子植物を餌にしていたと言われておるぞ。被子植物の方が、全体的に栄養素が高かったため、その店ではステゴサウルスの方が餌には恵まれていたと言えるな。
恐竜博士

 

まとめ

引用:JWエボリューション

 

今回はギガントスピノサウルスについて、解説していきました。

まとめると、

 

・ギガントスピノサウルスは中型の草食恐竜

・「スピノサウルス」という名前がついているがステゴサウルスの仲間

・両肩から伸びた2本の大きな剣で身を守っていた

・ステゴサウルスは約2倍の大きさで骨板の形が異なる

 

となります。

ギガントスピノサウルスは発見されたのが比較的新しく、まだまだ研究の進んでいない恐竜です。

わかっていないことも多いため、これからの新しい発見にも期待しましょう。

-その他の恐竜

Copyright© 恐竜博士と赤ちゃん恐竜と一緒に恐竜を知ろう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.