その他の恐竜

ダスプレトサウルスの特徴は?ゴルゴサウルスと似てる?

引用:ダスプレトサウルス(Daspletosaurus) | 恐竜図鑑

赤ちゃん恐竜
ねえねえ、ダスプレトサウルスってどんな恐竜なの?強そうな恐竜だね!

 

ダスプレトサウルスは恐竜映画「ジュラシック・パーク」のシリーズにも登場し、恐竜マニアの間では人気のある種類です。

とはいえ、まだまだ研究中の部分も多く、分からないことが多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ダスプレトサウルスについて

・ダスプレトサウルスの特徴

・名前の由来

・ゴルゴサウルスと似てるのかどうか

 

以上の点について詳しく解説していきます。

 

ダスプレトサウルスの特徴は?

ダスプレトサウルス - Wikipedia

引用:ダスプレトサウルス - Wikipedia

まずは、ダスプレトサウルスの生態について見ていきましょう。

基本情報は次の表の通りです。

名前 ダスプレトサウルス
生息時代 約7,700万年前~7,400万年前(白亜紀後期)
生息地 北米(カナダ、アメリカ合衆国)
体長 8~9m
体重 1.8~3.8t
肉食
赤ちゃん恐竜
大きな恐竜だね!

 

ダスプレトサウルスは今から約7,700万年前~7,400万年前に北米に生息しており、全長は8~9m体重は1.8〜3.8tほどもある肉食の大型恐竜です。

頭蓋骨のサイズだけでも、およそ1mほどの大きさがあり、重厚な構造をした骨に形成されていました。

 

また、目の上には小さな突起があったことも確認されており、ダスプレトサウルスの特徴となっています。

引用:株式会社パトリッチ

赤ちゃん恐竜
たしかに特記があるね!なんか意味があったのかな?

 

目の上の突起に関しては、詳しいことはわかっていませんが、鶏のとさかと同じように

 

・メスへのアピール

・体温調節

 

などのためについていた可能性が高いでしょう。

詳しいことは、今後の研究に期待じゃな。
恐竜博士

身体は戦いに適していた!?

赤ちゃん恐竜
ダスプレトサウルスって肉食恐竜だから、体には戦いに勝つための工夫がたくさんあったのかな?

 

ダスプレトサウルスは先ほども説明した通り、肉食恐竜ですので、当然戦いに適した体をしていました。

その中で特に戦いに有効的だったのが、

 

・しっぽ

・歯

 

です。

ダスプレトサウルのには、強力な脚力をもつ後ろ足と、力強いしっぽが生えており、その脚力としっぽを使っって、草食恐竜を捕まえたり敵と戦っていました。

しっぽを武器に戦う恐竜はなかなか珍しいかもしれないな。
恐竜博士

 

また、ダスプレトサウルスの歯は少し平たい形をしており、根元は太く、歯先は何でも切り裂くような尖った形をしていました。

歯は大きいものだと4cmにもなる大型の歯が生えており、この歯は全部で60~72本ほど生えていた言われています。

太い!周長7.7cm!ティラノサウルス・レックスの祖先とされるダスレプトサウルスの歯化石。/中生代白亜紀(1億3500万 -- 6500万年前)【di929】

引用:化石販売の化石セブン

赤ちゃん恐竜
ひえ〜そんなにいっぱい生えていたんだ。この大きくて尖った歯でお肉を食べていたんだね!

 

このように、ダスプレトサウルスは、しっぽと歯を駆使して厳しい生存競争を勝ち抜いていきました。

 

なお、ダスプレトサウルスは、ティラノサウルスと同じように退化して短くなった前足も特徴です。

しかし、ティラノサウルとは違い、前足に関しては特別な用途はなかったと考えられています。

 

凶暴な性格が名前に?ダスプレトサウルスの由来

赤ちゃん恐竜
ダスプレトサウルスの特徴はだいたい分かったよ〜。ところでさ、ダスプレトサウルスって、どんな意味なの?

 

では、次にダスプレトサウルの名前の由来について、解説していきます。

ダスプレトサウルスという名前は「恐ろしいトカゲ」という意味になります。

赤ちゃん恐竜
なんか、想像通りだね。

 

ダスプレトサウルスは、ティラノサウルス科に属しており、凶暴な性格で有名なティラノサウルスの先祖に当たる種類になります。

そのため、ダスプレトサウルスは、その獰猛な性格に加え、ガッシリとした骨格と強力な筋肉を持ち、敵と戦っていたたため、恐竜界の食物連鎖の中でもトップの存在であったとされています。

 

つまり、その暴れん坊ぶりが、そのまま名前の由来になったということです。

ティラノサウルス並の凶暴さを持っていたと考えれば名前の由来も納得じゃな
恐竜博士

 

ダスプレトサウルスとゴルゴサウルスは似てる?違いはどこ?

ゴルゴサウルス(Gorgosaurus) 恐竜のデジタル図鑑

引用:恐竜のデジタル図鑑

赤ちゃん恐竜
そういえばさ、見た目がゴルゴサウルスとよく似てるけど、どこか違うの?

 

たしかに、ダスプレトサウルスは、ゴルゴサウルスとよく似てると言われていますが、実際はどうなのか気になりますよね。

最後に、ダスプレトサウルスとゴルゴサウルスの違いについて、解説していきます。

 

まずは、ゴルゴサウルスの基本情報を見てみましょう。

名前 ゴルゴサウルス
生息時代 約7,660万年前~7,510万年(白亜紀後期)
生息地 北アメリカ
体長 8~9m
体重 2t
肉食
赤ちゃん恐竜
う〜ん、どのデータをみてもやっぱり似てるよね。

 

そもそも、ゴルゴサウルスはダスプレトサウルスと同じ、ティラノサウルス科に属する肉食恐竜です。

そして、大きなしっぽ、小さな前足、強力な後ろ足、鋭い歯といった体の特徴で共通するのは多いことがわかっています。

つまり、ダスプレトサウルスとゴルゴサウルスは似てることは事実でしょう。

 

ただし、その中でも違いもあります。

それは次の3つです。

 

・体格の差

・餌

・生息地

 

それぞれ解説していきます。

体格の差

ゴルゴサウルスとダスプレトサウルスには体格差がありました。

赤ちゃん恐竜
えっ、でも表を見る限り同じだったように見えるけど・・・。

 

確かに表で見る限りは同じように見えるかも知れませんんが、ダスプレトサウルスが最大3tを超える重さにまで成長していたのに対して、ゴルゴサウルスは3tを超えることはほとんどなかったと言われています。

それでいて、体長は両種とも8~9mとほぼ同じだったため、相対的に見ると、ゴルゴサウルスの方が軽かったことになります。

相対的に見ると、ゴルゴサウルスの方が1t程度軽かったと言われておるぞ。
恐竜博士

 

この体重差から、ダスプレトサウルスに比べて、ゴルゴサウルスの方が、素早く走ることが可能だったと考えられています。

ダスプレトサウルスとゴルゴサウルスは餌にも違いがあったと言われています。

 

ダスプレトサウルスは俊敏さには欠けていましたが、ガッシリとした体型を活かし、大型のケラトプス類などを捕食していました。

一方で、ゴルゴサウルスは、その俊敏さを生かし、すばしっこいと言われている、ハドロサウルス類なども捉えられ、捕食することができていたようです。

 

餌の違いにより、両種は同じ時代を争うことなく生きられたということじゃな。
恐竜博士

生息地

ダスプレトサウルスとゴルゴサウルスは生息地も違ったと言われています。

赤ちゃん恐竜
えっ、表にはどちらも北アメリカってあったけど・・・。

 

確かにダスプレトサウルスとゴルゴサウルス、ともに北アメリカ大陸に生息していました。

しかし、同じアメリカ大陸内でも離れて暮らしていた可能性が高いと言われています。

 

というのも、それぞれの化石が発見された場所を見ると、ゴルゴサウルスは北部ダスプレトサウルスは南部で多く発見される傾向があったようです。

これも似てる種類の恐竜が、同じ時代に生きることがができた理由ということができるでしょう。

 

とはいえ、同じ場所から見つかっている化石ものあるので、完全にバラけていたわけではなさそうじゃな。
恐竜博士

 

まとめ

今回は、ダスプレトサウルスについて説明してきましたた。

内容をまとめると、

 

・ダスプレトサウルスは大型の肉食恐竜であった。

ティラノサウルスの先祖に当たり、気性は荒く名前は「恐ろしいトカゲ」という意味が由来している。

・短い前足に特に用途は無く、頑丈な後ろ足としっぽ、大型の歯で敵を攻撃したり、捕食していた。

・ゴルゴサウルスとは共通する特徴が多いが、ゴルゴサウルスのほうが体重が軽い

・ゴルゴサウルスとダスプレトサウルスは共存していた

 

でした。

まだまだ謎の多いダスプレトサウルスですが、今後の研究にも期待しましょう。

-その他の恐竜

Copyright© 恐竜博士と赤ちゃん恐竜と一緒に恐竜を知ろう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.