その他の恐竜

アリゾナサウルスの特徴|大きさや重さ、餌、鳴き声等を解説

引用:恐竜図鑑

赤ちゃん恐竜
アリゾナサウルスってどんな恐竜なんだろう?

 

背中の帆が特徴的なその姿に、興味を持った人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、あまりメジャーな恐竜ではないので、分からないことも多いと思います。

 

実はアリゾナサウルスはワニの祖先だったかもしれないんじゃよ
恐竜博士

 

赤ちゃん恐竜
え?ワニ!?恐竜じゃないの?

 

そこで今回は、

 

・アリゾナサウルスはワニの祖先?

・大きさや重さ

・何を食べていたか

・どんな鳴き声なのか

 

について詳しく説明していきます。

 

アリゾナサウルスの基本情報

引用:https://paleontology.sakura.ne.jp/arizonasaurusu.html

 

名称 アリゾナサウルス
分類 爬虫類、槽歯目、偽顎亜目、ラウイスクス下目、クテノサウルス科
生息地 北アメリカ
時代 三畳紀(約2憶4000万年前)
繁殖形態 卵生

 

アリゾナサウルスの化石は、1947年にアメリカのアリゾナ州の北部にあるミドルトリアスモエンコピ層から発見されました。

 

赤ちゃん恐竜
だからアリゾナサウルスっていう名前なんだね

 

当時は顎の骨しか見つかっておらず、全体像は長い間分からないままだったんじゃ
恐竜博士

 

その後、スターリング・ネズヒットというアメリカの古生物学者が、2002年に完全な形の全身骨格を発見しました。

 

赤ちゃん恐竜
やっと全体像が分かったんだね

 

アリゾナサウルスはワニの祖先?

アリゾナサウルスが進化上、どのような生き物であったのか、詳しく書かれている情報はほとんどありません。

そこで、アリゾナサウルスについて知るために、アリゾナサウルスの仲間について少し触れてみましょう。

 

アリゾナサウルスと同じラウイスクス類の仲間で「ポストスクス」という生き物がいます。

 

ポストスクスはワニに近縁の生き物なんじゃ
恐竜博士

 

引用:https://paleontology.sakura.ne.jp/posutosukusu.html

 

赤ちゃん恐竜
見た目はちょっと脚が伸びているワニって感じだね

 

ポストスクスは三畳紀後期に生息していました。

 

また、同じくラウイスクス類の仲間で「ロトサウルス」という生き物がいます。

引用:https://paleontology.sakura.ne.jp/rotosaurusu.html

 

ロトサウルスは三畳紀中期に生息していたんじゃ
恐竜博士

 

赤ちゃん恐竜
アリゾナサウルと同じ時期なんだね

このロトサウルスは、三畳紀後期に生息していた「サウロスクス」という生き物の仲間でもあります。

引用:https://paleontology.sakura.ne.jp/saurosukusu.html

サウロスクスは原始のワニ類といわれているんじゃ
恐竜博士

 

まとめると、以下のようになります。

・アリゾナサウルスの仲間→「ポトスクス」「ロトサウルス」

・ロトサウルスの仲間→「サウロスクス」

・生息時代

三畳紀中期 三畳紀後期
アリゾナサウルス

ロトサウルス

ポトスクス(ワニと近縁)

サウロスクス(原始のワニ類)

 

このことから、アリゾナサウルスは、ワニ類の祖先か、あるいはその仲間だということになるんでしょう。

 

そもそもワニも恐竜も同じ爬虫類ですが、同じ祖先から枝分かれしていき、それぞれワニと恐竜に進化しています。

引用:KASEKI7.com

 

赤ちゃん恐竜
アリゾナサウルスはワニと恐竜に枝分かれする前の生き物だったのかもしれないのか

 

アリゾナサウルスの大きさや重さ

アリゾナサウルスの大きさは約2~3m、重さは約230㎏です。

 

赤ちゃん恐竜
思ったより小さいんだね

三畳紀はまだ大型の肉食生物は現れていなかったといわれています。

 

アリゾナサウルスの特徴

アリゾナサウルスの背中には、大きな帆のような突起があります。

これは、脊椎骨の神経突起が縦に大きく伸びているために、このような形をしていたと

いわれています。

 

赤ちゃん恐竜
脊椎から神経が出ているんだね!

 

この部分の役割としては、体温調整をしたり、餌が不足した場合に備えて脂肪を蓄えておく場所だった説がありますが、はっきりとした理由はまだ不明のようです。

 

アリゾナサウルスの餌

アリゾナサウルスは、発見された顎の骨の形から、おそらく肉食であったといわれています。

 

引用:deluxs DiNOSAUR

 

ワニの祖先の仲間だと考えたら、肉食なのは想像できますよね。

とはいえ、三畳紀のワニ類には草食の種類もいたようです。

 

アリゾナサウルスの鳴き声

アリゾナサウルスの鳴き声については、残念ながらまだ分かっていません。

原始のワニと近い仲間なので、ワニのような鳴き声だったかもしれませんね。

 

 

参考にワニの鳴き声の動画を挙げてみました。

アリゾナサウルスの鳴き声を想像しながら聞いてみて下さい。

 

まとめ

アリゾナサウルスのついて解説してみましたが、いかがだったでしょうか。

 

・アリゾナサウルスはワニと恐竜の祖先かその仲間

・大きさは約2~3m、重さは約230㎏

・背中に大きな帆がある

・肉食である

・鳴き声は分かっていない

 

ワニや恐竜の進化についてもちょっと知ることができたと思います。

アリゾナサウルスについて知りたいことは分かりましたか?

 

-その他の恐竜

Copyright© 恐竜博士と赤ちゃん恐竜と一緒に恐竜を知ろう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.