その他の恐竜

ベイピアオサウルスはどんな恐竜?大きさや重さ、餌、名前の意味等を解説

ベイピアオサウルスとはどんな恐竜か知っていますか。

 

ベイピアオサウルスとは鳥の先祖と言われているテリジノサウルスの仲間です。

そんなベイピアオサウルスですが、

「どんな特徴を持った恐竜なの?」

「大きさや重さはどれくらいなの?」

「どんな餌を食べていたの?」

など気になる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方に向けてこの記事では、

・ベイピアオサウルスの特徴

・名前の意味

・どこに生息していたか

・ベイピアオサウルスのその他情報

について詳しく解説します。

 

ベイピアオサウルスとはどんな恐竜だったかのか!?

引用:ベイピアオサウルス フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベイピアオサウルスは、全身が羽毛で覆われていて見た目からも鳥に似ている上に現代の鳥類によく似た骨の形を持っていました。

しかし、飛べずに2足歩行だったと考えられています。

なぜ飛べないベイピアオサウルスが現代の鳥類とよく似た部分を持っていたのかはまだ謎のままです。

この章では

・ベイピアオサウルスの主な特徴

・ベイピアオサウルスのその他特徴

にわけて説明していきます。

主な特徴

大きさ 2~2.2m
重さ 85~90kg
食べ物 植物
分類 獣脚亜目 テタヌラ下目 コエルロサウスル類

テリジノサウルス科

繁殖形態

大きさはテリジノサウルスの仲間の中でも小型だったのに対し、体重は100kg近いとも言われており、大きさに比べて重い体重をしています。

その理由は歯の特徴から植物を食べていて、あまり咀嚼せず食べていたため、食べたものを処理するのに内臓が大きい必要がありその分重くなっていたのではないかと考えられています。

 

繁殖形態はテリジノサウルスの仲間の卵は、球体の形をしていたとされていることからベイピアオサウルスもそうだったのではないかと思います。

その他特徴

テリジノサウルス科と異なる点は後肢の機能指が4本全て接地していますが、ベイピアオサウルスに関しては3本のみが接地していることが分かっています。

その違いについてはなぜなのかは分かっていません。

モンゴルと中国と実在していた場所が違うことから、地形的な関係で違いがでたのではないのかと思います。

 

ベイピアオサウルスの名前の由来は!?

中国にある遼寧省は恐竜の発掘場所として有名です。

その省の中の北票

ベイピアオサウルスが発掘された場所から近くにある地名であり、名前の由来となっています。

 

北票のカタカナ表記ではベイピャオとされています。

その事から、ベイピアオサウルスの別名はベイピャオサウルスとも言います。

 

羽毛に覆われている恐竜が多く発掘されているのも遼寧省。

なぜ羽毛恐竜が遼寧省に集中しているのかは、地質的要因が大きいのではないかと考えられています。

 

羽毛があったとされているティラノサウルスの先祖「ユティラヌス・フアリ」も遼寧省で発見されています。

 

いつどこに生息していた!?

恐竜が登場したのは2億3000万年前とされている三畳紀(トリアス紀)後期といいますが、その二つ先の時代であり恐竜が姿を消したとされている最後の時代の白亜紀

 

その前期、1億4500万年~1億年前のアジア(中国)に生息していました。

2億3000万年前から6500万年前までしか恐竜は存在していなかったと考えられています。

しかし、なぜ絶滅したかはいまだに解明されていません。

 

他に白亜紀前期の中国にいたとされている恐竜には、

ブロントアーケオプテリクス・カウディプテリウス・プシッタコサウルス・ジンゾウサウルス・シノベナトール等がいました。

これらの恐竜達は羽毛恐竜であり、全て中国の遼寧省で発掘しています。

 

ベイピアオサウルス発掘によりテリジノサウルスの全体像が判明!!

1999年5月27日にネイチャー誌にベイピアオサウルスの発掘されたことが取り上げられました。

発掘された化石は断片的でしたが、ベイピアオサウルスが発掘されたことにより長年大きい爪のみしか分かっていなかったテリジノサウルスの全体像がおおよそながら判明することになりました。

 

新たなテリジノサウルスの仲間としてベイピアオサウルス自体の全体像、生息を知られることとなるとともにテリジノサウルスの全体像の解明に大きく貢献したと思えます。

 

まとめ

今回ベイピアオサウルスについて話してきましたが、同じテリジノサウルスの仲間としても一体一体の特徴の違いがあり、ベイピアオサウルスに関しても他にはない特徴を持っている事がわかっています。

ベイピアオサウルスは

白亜紀前期の中国に生息

テリジノサウルス科

テリジノサウルスの仲間にしては小型で重みのある恐竜

食べ物は植物

後肢の機能指が3本のみ接地

標本が数多くあるベイピアオサウルスですが、まだまだ分かっていないことも多くあります。

ベイピアオサウルスについての疑問は解消できましたか?

この記事が少しでもベイピアオサウルスについて知りたいと思った方の役に立てていたら良いと思います。

 

-その他の恐竜

Copyright© 恐竜博士と赤ちゃん恐竜と一緒に恐竜を知ろう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.