ティラノサウルス

ギガノトサウルス最強説?ティラノサウルスと強さや大きさを比較

引用:恐竜図鑑

赤ちゃん恐竜
ねえねえ、ギガノトサウルスってどれくらい強かったの?

 

他の有名な恐竜に比べて知名度は劣るものの、実は巨大な肉食恐竜であるギガノトサウルス

その巨大な体でどのように恐竜時代を生き抜いたのか気になりますよね。

 

今回は、そんなギガノトサウルスについて

 

・ギガノトサウルスについて

・ギガノトサウルスの強さと戦い方

・ギガノトサウルスとティラノサウルスはどちらが強い?

 

について、ご紹介していきます。

 

ギガノトサウルスとは?

引用:pixiv

まずは、ギガノトサウルスの特徴について、簡単に確認していきます。

ギガノトサウルスは、中生代白亜紀後期(約9.800~9.600万年前)の南アメリカ大陸に生存していました。

 

大型肉食恐竜である獣脚類の一種で、カルカロドントサウルス科に属しています。

 

名前の由来は「巨大な南方の爬虫類」。

 

大きさは最大の標本サイズで体長約13.2メートル体重は6.5t~8tと推定されています。

京都にある金閣寺よりも大きかったんじゃ。
恐竜博士

 

赤ちゃん恐竜
うわ~かなり大きかったんだね。相当強そうだね!

 

頭骨だけでも1.7mと推定されていて巨大ですが、横幅はそれほど広くはなかったといわれています。

また、頭骨の重厚さはあまりなく、顎の力も弱かったとされています。

赤ちゃん恐竜
そうなんだ・・・意外!

 

肉食恐竜は、他の恐竜の肉を噛みきるくらいの顎の強さが必要なはず。

にも関わらず、その顎が弱かったとなると、ギガノトサウルスは何を武器に戦ってきたのでしょうか。

次にギガノトサウルスの強さや武器についてご紹介していきます。

 

ギガノトサウルスの強さと戦い方

引用:pixiv

顎の力が弱かったギガノトサウルスは、獲物を「何度も噛みつき失血死させたり、動けなくなったところで首などに噛みついて窒息死させる」スタイルを取っていたとされています。

赤ちゃん恐竜
そうなんだ~。でもさ、顎が弱ければ他の肉食恐と戦ったら簡単にやられちゃいそうだけど・・・。

 

たしかに、弱ければ厳しい戦いが続いていたのではにないかと、思ってしまいますよね。

しかし、そんな顎の弱さをカバーする武器がギガノトサウルスにはありました。

それは「嗅覚」です。

 

ギガノトサウルスの強みの一つに「発達した嗅覚」があり、脳の標本から嗅覚をつかさどる部位が発達していたことが発見されています。

赤ちゃん恐竜
嗅覚が優れていたなんて、犬みたいだね。

 

それだけではなく、巨体ながらも走る速度が速く、20~40km/hに達すると言われています。

 

この良い嗅覚と走りの速さを利用して、巨大な草食恐竜などを食していたとされているのです。

顎が弱いという、肉食恐竜としては致命的な弱点があったギガノトサウルスじゃが、他の優れていた部分をうまく利用して、生き延びていた、ということじゃ。
恐竜博士

 

ギガノトサウルスとティラノサウルスはどちらが強い?

引用:pixiv

赤ちゃん恐竜
ギガノトサウルスもすごかったんだね~。でもさ、顎が弱かったことを、考えるとやっぱりティラノサウルスの方が強いんだよね?

 

最強恐竜と言われているティラノサウルスに引けを取らない体を持っているギガノトサウルスですが、どちらが強かったのでしょか。

ここからは実際に、ティラノサウルスと比べるとどちらが強いのか、詳しく比較して見ていきましょう。

 

初めに結論を述べると、総合的にティラノサウルスが強いと言われています。

赤ちゃん恐竜
やっぱりそうなんだね!

 

では、なぜティラノサウルスの方が強いとされている理由を見ていきましょう。

 

まず、ギガノトサウルスとティラノサウルスの体について、基本情報をまとめるとこのようになります。

ギガノトサウルス ティラノサウルス
体長(最大) 13.2m 13m
体重 6.5~8t 9t
頭骨の長さ 1.7m 1.5m
顎の力 1t 3.5t
走行速度 20~40km/h 20~40km/h(諸説あり)
赤ちゃん恐竜
顎の力以外は、あまり変わらないね!

 

体長はそれほど変わらないどころか、ギガノトサウルスがやや上回り、最大級の肉食恐竜であったことがわかります。

 

体重に関しては、ギガノトサウルスの体重は約7t程度と推定されているのに対して、ティラノサウルスは約9tとなっています。

ただし、決してギガノトサウルスが細身というわけではなく、むしろがっしりとしています。ティラノサウルスの重厚感が桁違いということです。

ティラノサウルスに比べてギガノトサウルスは体の横幅が狭いため、それが体重の差を生んでいるのではないかと、言われておるぞ。
恐竜博士

 

頭骨の長さはギガノトサウルスが上回っています。

しかし、頭骨は長ければ良いというわけではありません。

実際、ギガノトサウルスの頭骨は全体的に平たく、歯の形状も骨や硬い筋組織を噛み砕くには適さない形状であったとされておるぞ。
恐竜博士

 

つまり、頭骨が長かったからといって、強かったとは言えません。

さらに、顎の力もティラノサウルスに比べてギガノトサウルスは3分の1程度しかなく、噛むことに関してはティラノサウルスの圧勝ということになります。

 

走行速度は同じくらいとされていて、巨大な体を持つ肉食恐竜の中ではどちらも早く走ることができたようですね。

ただし、ティラノサウルスは18km/hから70km/hまで様々な説があり、今後の研究次第では、ティラノサウルスの方が圧倒的に早かったということになるかもしれないぞ。
恐竜博士

 

いずれにせよ、ティラノサウルスは巨大な体と強靭な顎の力、早い走行速度をもち、さらには嗅覚や視覚もそれなりに発達していたようですから、ティラノサウルスが最強の恐竜だということで間違いないでしょう。

実際の対決はなかったの?

赤ちゃん恐竜
ティラノサウルスの方が強いというのは、なんとなく分かったんだけどさ、実際に戦ったりはしていなかったの?

 

たしかに、実際に戦っている証拠があれば、一番分かりやすいですよね。

しかし、現在のところ、ギガノトサウルスとティラノサウルスが争っていたとされる証拠は見つかっておりません。

 

ギガノトサウルスとティラノサウルスは、メインの時代も住んでいた場所も異なるとされているので、今後も二匹が争っていたとされる証拠が発見される可能性は低いでしょう。

 

現在分かっている情報から考えると、ティラノサウルスが強かったとしか言えないが、いずれにせよ、ギガノトサウルスも上位を争う肉食恐竜の一種であったことは間違いないぞ。
恐竜博士

 

まとめ

引用:pixiv

今回はギガノトサウルスの強さを、ティラノサウルスと比較しながら紹介していきました。

まとめると、次の通りです。

 

・ティラノサウルスが総合的にギガノトサウルスを上回る強さを誇る

・ギガノトサウルスも最大級の肉食恐竜

・圧倒的な顎の力の差でティラノサウルスに劣っている

 

一時は「ティラノサウルスを凌駕する」と紹介されていたギガノトサウルス。

 

しかし、やはり「恐竜の王者」と言われるティラノサウルスには及ばなかったようです。

それでも、ギガノトサウルスも肉食恐竜界で上位に君臨する強さを持っていたことは間違いありません。

 

どちらの恐竜についても未だ明らかになっていないことも多いため、今後の研究に期待してください。

 

-ティラノサウルス

Copyright© 恐竜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.